フロアコーティングの種類を確認しよう|フロアコーティングの値段について

フロアコーティングのタイプ

目的に応じて施工内容を決定する

フロアコーティングと一口に言っても、実に様々な施工の種類があります。そのため、まずは自分がフロアコーティングに求める性能について明確にすることが大切なのです。費用に関しても施工内容によって異なるため、最優先の項目を決めて、フロアコーティングの施工内容を決めていきましょう。そのためには、フロアコーティングの性能に関して詳しく知る必要があるのです。

業者に依頼するまでの流れ

業者を探す

依頼する業者を探す際には、電話もしくはネットを活用します。最初から一つの業者に絞るのではなく、複数の業者を比較して決めていくことがポイントとなります。最近では、ネットを活用することで、様々な施行業者を比較することができます。

資料を請求する

自分の気になる業者があれば、まずは資料請求を行います。資料請求をする際には、自分の依頼する用途をしっかり記入するようにしましょう。そして資料請求を行うことで実際にどういった作業を行ってくれるのかを確かめることができるのです。

施工内容や見積もりの費用を見て業者を選択する

施工内容や見積もりに関しては、資料請求と同時に業者が提示してくれます。この段階で複数の業者に見積もりを出してもらうことで、業者を比較することができ自分の目的に合った業者を見つけることができるのです。施工の値段を確認することも重要なポイントとなります。

施工業者と施工する内容について話し合う

依頼する業者が決まれば、実際にフロアコーティングの作業について詳しく決めていきます。施行する日時や施工する箇所について事前に打合せを行うことで、施工本番の準備をしっかりできます。

施工

施工当日は、実際に施行に関して不備がないかをしっかり確認して、申込書にサインすることで施工が開始されます。施工完了後は今後の手入れの説明方法に関してアフターケアがあるので、もし何か分からないことがあれば確認しておきましょう。

フロアコーティングの種類を確認しよう

床

UVコーティング

UVコーティングとは、フローリング材に紫外線硬化樹脂を塗り、紫外線照射機によって樹脂を硬化させるフロアコーティングになります。UVコーティングは、フロアコーティングの中でも最も指示されているものです。特徴としては、耐久性が極めて高く、20年から30年もの美しさを保つことができるのです。また、耐水性、耐摩擦性、耐薬品性に優れています。施工に関しては、スピーディー施工で、紫外線に照射させることで固まるので、迅速な施工が可能なのです。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは、樹脂材がガラスで、ナノコンポジット技術と呼ばれる差伸の技術で施工するハードなコーティングになります。フロアコーティングの中でも最も硬度で様々なフロアに対応することができるので近年人気となっているのです。ガラスコーティングは、フィット感に優れており、フローリング材の伸び縮みなどにも対応することができるため、クッションフロアでも施工が可能なのです。また、紫外線を遮断して、酸化しにくいため劣化しにくいのです。

シリコンコーティング

シリコンコーティングは、シリコン樹脂を使用したフロアコーティングで、水性と油性のタイプが存在します。このシリコンコーティングですが、最も特徴的であるのが、滑りにくいということです、フローリングそのものはとても滑りやすいため、子供や高齢者のいる家では配慮が必要となります。しかし、シリコンコーティングであれば、滑りにくく施工されているため、安心して生活することができるのです。耐久年数に関しては、10年から20年ほどと長いため、利便性の高さから多くの利用者がいるのです。

ウレタンコーティング

ウレタンコーティング、耐久性に関して3年から5年程度なので、一時的に美しさを保ちたいという方におすすめです。このウレタンコーティングは主にマンションのオプションの商品として販売されているものになります。短期から中期的にマンションを契約する方におすすめの商品です。しっかり光沢感のある仕上がりになるので、ぜひ利用してみましょう。

アクリルコーティング

アクリルコーティングというのは、つや出し効果が高く、見た目を美しくすることができます。このアクリルコーティングですが、ワックスといった捉え方をする方がいますが、ワックスよりも耐久年数が長いため、フロアコーティング施工とされているのです。約2年といった耐久性ですが、比較的費用も安いため、手軽に行うのであれば、アクリルコーティングがおすすめなのです。

広告募集中